14 Nov '17, 4am

北大が磁界結合利用の深層学習チップ、Googleはエッジを視野に https://t.co/Yzw4qbRLIE ISSCC2018で我々のグループで開発した、世界初の対数量子化・3次元積層ディープラーニングチップの発表をします!こうご期待!

北大が磁界結合利用の深層学習チップ、Googleはエッジを視野に https://t.co/Yzw4qbRLIE ISSCC2018で我々のグループで開発した、世界初の対数量子化・3次元積層ディープラーニングチップの発表をします!こうご期待!

 複数のセッションにまたがり発表される合計12件の論文の中でも注目を集めそうな1つが、同氏の研究室とウルトラメモリ、慶應義塾大学が共同で発表する「QUEST: A 7.49-TOPS Multi-Purpose Log-Quantized DNN Inference Engine Staked on 96MB 3D SRAM using Inductive-Coupling Technology in 40nm CMOS」である。実際、この論文は、初めてISSCCに採択された学生を対象に選ばれる「Silkroad Award」を受賞した。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/event/15/111400153/1114...

Tweets