29 Feb '12, 1am

高周波部品のお話です→:LTE、WiMAX、Wi-Fi、GPS/GLONASS――:次世代ワイヤレス設計を強力に支援! 脈々と続くアバゴの高周波「DNA」 - EE Times Japan #1tp

 「超低雑音、高線形性」のPA/LNAを採用するメリットは大きい。例えば、LNAの雑音指数(NF)はワイヤレス機器の受信感度に直結する。NFがより小さければ、受信感度が上がり、例えば通信エリアを広げられたり、消費電力を抑制することに貢献する。GPS/GLONASSシステムであれば、位置の測位時間の短縮につながる。一方、PA/LNAの線形性と消費電流はトレードオフの関係にある。消費電力を低く抑えたまま、高い線形性を実現した同社のPA/LNAを使うことで、端末側であれば稼働時間を伸ばすことに貢献する。さらに、筐体の小型化や低消費電力化の要求が高まるさまざまな基地局にもマッチするだろう。

Full article: http://eetimes.jp/ee/articles/1202/29/news002.html

Tweets