30 Jun '12, 5pm

家庭用燃料電池,年産数十万台に道筋 #techon

家庭用燃料電池,年産数十万台に道筋 #techon

日経ものづくり 2012年6月号 特集 家庭用燃料電池、年産数十万台に道筋 2012/05/25 16:26  「ウチの燃料電池は、平均すると家庭で消費する電力の約7割、お湯の45〜70%程度を供給できる」。2011年10月に、世界に先駆けて家庭用固体酸化物型燃料電池(SOFC)システムを発売したJX日鉱日石エネルギーの新エネルギーシステム事業本部システムインテグレート推進事業部副部長の南條敦氏はこう強調する。そして、この電力カバー率の高さが消費者の関心を集めている。電力不足が懸念される中、もし燃料電池システムによって家の消費電力の7割を自給できれば、停電が起こってもとりあえずは安心だからだ。  もともと燃料電池は、二酸化炭素(CO2 )の削減で注目された、化学反応を利用した小型発電装置。家庭に設置できることから、火力発電設備や原子力発電設備では捨てていた熱をお湯として利用できるため、高効率化が可能で、CO2 排出量を減らせる。そうした特徴に加えて、東日本大震災以降、非常時の電源としてが然注目されるようになってきた。  こうした中、2012年4月27日に家庭用SOFCシステムを発売した大阪ガス陣営は強気の見通しを明らかにした。大阪ガスが販売するSOFCシステムは、アイシン精機、京セラ、長府製作所、トヨタ自動車と共同で開発したもの(図)。燃料電池ユニットの開発と生産を担当するアイシン精機は、「2010年代中に年産20万台を目指す」と表明したのだ。 〔以下、日経ものづくり2012年6月号に掲載〕 図●SOFCシステムの構成 基本構成はPEFCシステムと同じで、燃料電池ユニットと貯湯ユニットから構成される。大きな違いは改質器が独立しておらず、燃料電池スタックとともにホットモジュール内に組み込まれていること。アイシン精機の資料を基に本誌で作成。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20120525/220545/

Tweets

FIFAがゴール判定技術の正式採用を決定、ソニー傘下のHawk-Eye社が開発 [Tech-On!]

techon.nikkeibp.co.jp 06 Jul '12, 4am

Hawk-Eye社のGLTのイメージ。ソニーのプレス・リリースから [クリックすると拡大した画像が開きます]  FIFA(国際サッカー連盟)は2012年7月5日、サッカー・ボールがゴールラインを割ったかどうかを判定する技術(GLT)の正式採用を...

「日本人は勉強しなくなった」---欧州の工作機械メーカーが語った #techon 5年前の記事...

techon.nikkeibp.co.jp 01 Jul '12, 7am

日経ものづくり雑誌ブログ 「日本人は勉強しなくなった」---欧州の工作機械メーカーが語った 2007/10/09 19:10 近岡 裕=日経ものづくり  ドイツで開催された世界3大工作機械展示会の一つ,「欧州工作機械見本市(EMO)2007」を...