29 May '13, 3pm

第4回 ReRAM搭載SSD――評価結果

第4回 ReRAM搭載SSD――評価結果

 書き込み性能について検討した結果が図11である。従来のSSDに比べて書き込み性能が11倍に向上した。なお、ReRAMの代わりに1ビット記憶のSLC(single level cell)NANDフラッシュ・メモリを使用したSSDについても評価を加えている。SLC NANDフラッシュ・メモリは現在主流のMLC NANDフラッシュ・メモリに比べて、容量は半分だが、高速でかつ書き換え寿命が長い。しかし、SLC NANDフラッシュ・メモリではSSDの書き込み性能はほとんど改善しなかった。これは、SLC NANDフラッシュ・メモリに小さなデータを書き込むと、SLC自体が断片化してしまうからである。この結果から高速のReRAMを用いることの重要性が分かる。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20130516/281...

Tweets