30 May '13, 10pm

標準必須特許のロイヤルティ基準を米地裁が示す、スマホGoogle陣営に打撃

 待ちに待った判決がついに出た。米国ワシントン州西部地区連邦裁判所におけるMicrosoft社対Motorola社訴訟で、James L. Robert判事は、Motorola社の標準必須特許(以下「必須特許」)のロイヤルティ料率を決定する判決を2013年4月25日に下した(事件番号10-cv-01823)。裁判所が認定したのは、Motorola社の請求額の2000分の1以下だった。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130530/284689/

Tweets