31 Mar '12, 8pm

日本アジアグループ、太陽光発電事業でソーラーフロンティアと協働へ

日本アジアグループ、太陽光発電事業でソーラーフロンティアと協働へ 2012/03/29 河合 基伸=日経エレクトロニクス  日本アジアグループは、国内で設置する太陽光発電所の開発と運営事業について、ソーラーフロンティアと協働することで合意し、基本合意書を締結したと2012年3月29日に発表した。これまでに日本アジアグループ傘下の国際航業グループが、ソーラーフロンティアのCIS系太陽電池モジュールを導入しており、その発電実績を評価したものである(関連記事 )。  日本アジアグループは、現在検討中の開発案件が合計で約100MWある。さらに今後は、開発案件の追加や案件の大規模化が見込まれるという。これらの案件ごとに、ソーラーフロンティアのCIS系太陽電池モジュールの導入を検討していく。日本アジアグループにとっては、太陽電池モジュールを安定的に入手できるとともに、規模を生かした安価な調達が期待できる。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120329/210389...

Tweets

日本アジアグループ、太陽光発電事業でソーラーフロンティアと協働へ [Tech-On!]

techon.nikkeibp.co.jp 29 Mar '12, 3am

 日本アジアグループは、国内で設置する太陽光発電所の開発と運営事業について、ソーラーフロンティアと協働することで合意し、基本合意書を締結したと2012年3月29日に発表した。これまでに日本アジアグループ傘下の国際航業グループが、ソーラーフロンテ...