26 Apr '12, 1pm

太陽電池は技術の勝負に,ターンキーの時代は終わった,AMAT社のGay氏に聞く #techon

太陽電池は技術の勝負に,ターンキーの時代は終わった,AMAT社のGay氏に聞く #techon

太陽電池は技術の勝負に、ターンキーの時代は終わった、AMAT社のGay氏に聞く 2012/04/26 21:22 河合 基伸=日経エレクトロニクス こんな方法もあったのか!【課題解決のための加工技術】 図1:米Applied Materials社 Applied Solar, PresidentのCharles F. Gay氏 [クリックすると拡大した画像が開きます] 図2:太陽電池の導入量と価格の推移(Applied Materials社の資料) [クリックすると拡大した画像が開きます] 図3:技術の候補(Applied Materials社の資料) [クリックすると拡大した画像が開きます]  太陽電池向けの製造装置を手掛ける米Applied Materials社は、2009年に太陽電池の研究開発拠点「Solar Technology Center」を中国・西安に開設した。その西安の拠点を訪問した後に日本に立ち寄った同社 Applied Solar, PresidentのCharles F. Gay氏に、太陽電池の市場と技術の将来について聞いた。Gay氏は、1994〜1997年に米NREL(National Renewable Energy Laboratory)のDirectorを務めるなど、太陽電池業界で35年以上の経験がある(図1 )。 ――欧州の補助制度が見直されるなど、太陽電池市場の先行きが不透明に見えます。今後はどのように推移するでしょうか  (太陽電池の発電コストと電気料金が同じになる)「グリッド・パリティ」を満たす国は、2010年に18カ国だった。2012年には28カ国程度になると考えていたが、実際には102カ国まで増えそうな勢いだ。太陽電池のコスト削減のスピードは、思った以上に速い(図2 )。これまでは補助制度に頼って市場を拡大してきたが、コストが下がったことで、これからは持続的な成長が続くだろう。スマート・グリッドの普及も太陽電池の市場拡大に貢献する。その結果、2011年に65GWだった太陽電池の累計導入量は、2020...

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120426/215310/

Tweets

なんだかなあ。

techon.nikkeibp.co.jp 29 Apr '12, 6am

学校推薦で2社落ちたんです Yさんは理工系大学の情報システム系学科に所属する学部生です。ややおとなしい印象ですが、眼鏡をずりあげるしぐさは、見るからに真面目そうです。中学、高校まではサッカーをやっていたのですが、大学に入ってからはアルバイトもサ...