27 Apr '12, 4am

【日経エレクトロニクス2012年4月30日号】解説: 求められる“キー・デバイス”幻想からの脱却 ●テレビ不況の電機3社、どう立ち上がるか●...

【日経エレクトロニクス2012年4月30日号】解説: 求められる“キー・デバイス”幻想からの脱却 ●テレビ不況の電機3社、どう立ち上がるか●...

日経エレクトロニクス2012年4月30日号 解説 テレビ不況の電機3社、どう立ち上がるか 求められる“キー・デバイス”幻想からの脱却 2012/04/27 09:00 大下 淳一、竹居 智久=日経エレクトロニクス 世界的なテレビ不況が、国内電機メーカー3社の屋台骨を揺るがしている。シャープ、ソニー、パナソニックは2011年度に過去最大規模の赤字を計上する。3社の最終赤字額の合計は2兆円近くに達する見通しだ。経営の建て直しに向けて、シャープは台湾Hon Haiグループとの資本提携に踏み切った。ソニーとパナソニックも経営体制を刷新し、事業再建を急ぐ。各社が掲げてきた“キー・デバイス戦略”はここにきて、終焉を迎えた。過去の成功体験を捨て去り、今こそ事業モデルを大胆に転換できるか。 終焉を迎えた国内電機メーカーの“キー・デバイス戦略”  テレビ不況が国内電機メーカーに与えた打撃の大きさを知らしめたのが、生き残りを賭けてシャープが下した決断だ。2012年3月末、EMS最大手の台湾Hon Hai Precision Industry社(鴻海精密工業)を中核とするHon Haiグループと資本提携し、9.88%の出資を受けると発表した。Hon Haiグループはシャープの筆頭株主になる。  業界関係者を驚かせたのは、“液晶のシャープ”を象徴する堺の大型液晶パネル工場の共同運営という提携のスキームだ。同工場の運営子会社の株式のうち、シャープ保有分の半数をHon Hai社が買い取り、生産するパネルの50%を引き取る。 パネルへの投資を相次ぎ凍結  シャープの決断は、国内電機業界が迎えた大きな転換点を象徴している。自社の機器部門の要求に応える形で高品質の中核部品を開発・製造し、他社に作れない機器を生み出すことを狙った“キー・デバイス戦略”が終焉を迎えたことである。  この戦略は、対象機器の市場が成長段階にある際には大きな果実をもたらす。中核部品を内製することで、先行者利益をフルに享受できる。しかし、市場規模がある程度大きくなり、後続メーカーが追い付いてくると、中核...

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/HONSHI/20120426/215273/

Tweets

Nikkei Electronics の最新号,魔法のUI特集で取材記事が載っています.P.3...

techon.nikkeibp.co.jp 27 Apr '12, 4am

 スマートフォンやタブレット端末の市場拡大で一気に普及した、タッチ・パネル操作によるユーザー・インタフェース(UI)。UI技術が今、さらなる革新を迎えようとしています。さまざまな人間の振る舞いや周辺環境の変化をデジタル機器の入力に使う、新しいU...