31 May '12, 7am

ローム、+150℃の高温環境下でも熱暴走しないショットキ・バリア・ダイオードを発売 [Tech-On!]

ローム、+150℃の高温環境下でも熱暴走しないショットキ・バリア・ダイオードを発売 [Tech-On!]

 これまで高温環境下で使われる車載機器や電源機器では、熱暴走の懸念からショットキ・バリア・ダイオードではなく、整流ダイオードやファスト・リカバリ・ダイオードが使われていた。しかし、整流ダイオードやファスト・リカバリ・ダイオードでは順方向電圧(VF )が高く、消費電力が大きくなってしまう。そこで、高温環境下でも使えるショットキ・バリア・ダイオードの開発が求められていたという。今回は、逆方向電流(IR )を低減することで、+150℃の高温環境下でも熱暴走せずに使用することが可能になったという。順方向電圧(VF )は、既存のファスト・リカバリ・ダイオードに比べて約40%低い。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120531/221032...

Tweets