21 May '15, 5am

触るインタフェース(応用編) (日経BP) お申し込みはこちらから スマートフォンやタブレットの爆発的普及は、多くの人々がタッチパネルという触れ合うインタフェー

2004年 東京大学大学院 情報理工学系研究科知能機械情報学専攻修士課程修了.同年,日本電信電話株式会社入社,NTT コミュニケーション科学基礎研究所勤務.2015年より特別研究員.2014-2015年ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)認知神経学研究所 客員研究員兼務.人間の知覚特性や錯覚を利用したウェアラブルインタフェース,力覚インタフェース,障害者支援の研究に従事.日本バーチャルリアリティ学会論文賞,電子情報通信学会HC賞,Laval Virtual 2007 Grand Prix du Jury,Eurohaptics Best Demonstration Awardなどの学術賞を受賞.博士(情報科学).IEEE,Society for Neuroscience,日本バーチャルリアリティ学会,ヒューマンインタフェース学会等の会員.

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/SEMINAR/20150514/418...

Tweets