31 Aug '12, 10am

未来の移動体通信に2つのホットな話題、「ローカルエリアアクセス」と「デバイス間通信」 #3gppjp

 「ローカルエリアアクセス」、「デバイス間通信」というキーワードの意義を理解するために、移動体通信方式の現状を押さえておこう。前述の通り、中国やインド、米国、欧州、日本などの世界各地でLTEを商用化する動きが加速している。規格としては、LTEの次世代に相当するLTE-Advanced(3GPP リリース10、およびリリース11)の仕様もほぼ固まりつつある。LTE-Advancedは、マルチアンテナの拡張やキャリアアグリゲーション、異種ネットワーク(ヘテロジニアスネットワーク)、基地局リレー機能、基地局間協調(CoMP)といったさまざまな手法を使い、データ通信の高速化や、基地局のカバー範囲の端部での安定化を進めていることが特徴だ。

Full article: http://eetimes.jp/ee/articles/1208/31/news103.html

Tweets

ビジネスニュース:AppleとSamsungの特許係争、本当の勝者はMicrosoft? - ...

eetimes.jp 31 Aug '12, 12am

 China Daily紙は2012年8月27日、ノムラインターナショナル(香港)で通信担当アナリストを務めるLeping Huang氏の発言を引用した記事を掲載した。同氏はこの中で、「Appleの勝訴は、長期的にみると、ZTEをはじめとするA...

材料技術:ダイヤよりも硬く、羽毛よりも軽く――炭素が開く新材料 (1/3) - EE Time...

eetimes.jp 31 Aug '12, 7am

 このように炭素だけからなる物質のうち、あるものは結晶構造をとり、炭素原子同士の結合が周期性を持っている。その他の炭素物質、例えば無定形炭素には周期性がない。厳密には小さな単位では周期性があるが、広い範囲では周期性を失う。周期性と非周期性を兼ね...