31 Aug '12, 1pm

トヨタ自動車が燃料電池バスから電力供給を可能に,3kWを出力 #techon

外部電源供給システムと開発中の「V2Hシステム」 [クリックすると拡大した画像が開きます]  トヨタ自動車は、燃料電池バスの燃料電池システムで発電した電力を家電製品などに供給できる外部電源供給システムを開発したと2012年8月31日に発表した。同社が中部国際空港や東京都心〜羽田空港間、豊田市内などで運行している燃料電池バス「FCHV-BUS」向けで、交流電力(AC100V、1.5kW)を出力するコンセントを2個設けた。  最大出力は3kW。家電製品などで3kWを連続して利用した場合でも、100時間以上の電力を供給できるという。つまり、300kWh以上の発電量がある。これは一般家庭が1カ月使用する消費電力量に相当する。  燃料電池車(FCV)は、電気自動車(EV)などに比べて大容量の電力供給が可能であり、中でも水素搭載量が大きい燃料電池バスは、災害時の避難所などでの移動電源車として活用が期待されている。実際、FCHV-BUSは1回当たり23kgの水素を充填可能である。  今回開発した外部電源供給システムを搭載したFCHV-BUSは、2012年9月2日に実施される愛知県・豊田市総合防災訓練の「非常時電源供給訓練」において、防災本部テント内の情報モニターに電力を供給する予定である。同訓練では、外部電源供給システムを搭載したプラグイン・ハイブリッド車と合わせて約20台の情報モニターに電力を供給する。  さらにトヨタ自動車は、燃料電池バスから建物の電気配線を通じて電力を供給する「V2Hシステム」の開発も現在進めている。最大出力9.8kWで、連続約50時間の電力供給能力を目指している。この供給量は、学校体育館における照明電力の約5日分に相当するという。同システムについては、経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証事業」で採択された「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」の一環として、2013年度から2014年度にかけて、災害時に避難所となる施設への電力供給を想定した実証実験を実施する予定である。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120831/237074/

Tweets

TechOn: 980MPa級ハイテンがヒンジ・レインフォースに採用 当てると潰れないで多分砕けます。ドア外板もハイテン化が進んでるようですが色々と間違ってる気がするんですよね・・・

TechOn: 980MPa級ハイテンがヒンジ・レインフォースに採用 当てると潰れないで多分砕...

techon.nikkeibp.co.jp 06 Sep '12, 2pm

スズキの新型「ワゴンR」。燃費を現行のワゴンRと比較して約2割改善している。2輪駆動車で過給なしのエンジンを搭載したモデルの燃費は28.8km/L。価格は110万9850円(税込み)から。 [クリックすると拡大した画像が開きます] 矢印で示した...

三菱自動車、燃費61km/L以上の「アウトランダーPEHV」を発表--満充電で55km以上をE...

techon.nikkeibp.co.jp 05 Sep '12, 12pm

三菱自動車のプラグインハイブリッドEVシステムは、車体の前部と後部に出力60kWのモータを搭載した4輪駆動タイプ。リチウムイオン2次電池はシートの下に当たる車体中央の下部に組み込まれる。 [クリックすると拡大した画像が開きます]  三菱自動車は...

三菱自動車,燃費61km/L以上の「アウトランダーPEHV」を発表--満充電で55km以上をE...

techon.nikkeibp.co.jp 05 Sep '12, 1pm

三菱自動車のプラグインハイブリッドEVシステムは、車体の前部と後部に出力60kWのモータを搭載した4輪駆動タイプ。リチウムイオン2次電池はシートの下に当たる車体中央の下部に組み込まれる。 [クリックすると拡大した画像が開きます]  三菱自動車は...