31 Oct '12, 3am

ルネサス欧州社、産業用SoCの設計にArterisのNoC IPコアを採用 [Tech-On!]

 米Arteris社は、独Renesas Electronics Europe社が複数の産業用SoCの設計で、ArterisのNoC(network-on-chip)IPコア「FlexNoC」を採用したと発表した(ニュース・リリース )。  ニュース・リリースには、Renesas Electronics EuropeのHorst Rieger氏(Engineering Manager)のコメントが紹介されている。「我々はFlexNoCが備えているプロービングや観測の機能に信頼を置いている。この機能によって、問題のないSoCを開発することができるからだ。FlexNoCのIPコア本体と統合されたデバグやプロービング向けのツール・セットによって、顧客のユース・ケースが満たされていることを示せたり、ソフトウェアの検証を早期に始めることが可能になった」(同氏)。  さらに、Renesas Electronics EuropeのNiels Trapp氏(senior manager, marketing)のコメントもある。「FlexNoCによって、見積もり依頼(Requests for Quotation:RFQ)により早くより正確に答えられるようになった。さらに、顧客のTime to Marketも短縮した。つまり、FlexNoCは我々自身はもちろん、我々の顧客にも役立っている」(同氏)。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121031/248551...

Tweets