31 May '17, 12pm

”遠隔診療の今後の展開に注文を付けるなら、医師不足・偏在の対策につながる遠隔診療の整備を急ぐべき、と言いたい。”(本文より)_医師偏在も解消する遠隔診療の整備を急げ_日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 https://t.co/RAcWrwYjWK

”遠隔診療の今後の展開に注文を付けるなら、医師不足・偏在の対策につながる遠隔診療の整備を急ぐべき、と言いたい。”(本文より)_医師偏在も解消する遠隔診療の整備を急げ_日経デジタルヘルスの「Editors' Voice」 https://t.co/RAcWrwYjWK

 日本遠隔医療学会は、遠隔診療を含む「遠隔医療」を「通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為をいう」と定義している。誰と誰を結ぶかで分けると、臨床医と専門医間の遠隔医療(D to D:Doctor to Doctor)、臨床医と看護師や保健師間の遠隔診療(D to N & P:Doctor to Nurse and Patient)、臨床医と患者間の遠隔医療相談あるいは遠隔診療(D to P:Doctor to Patient)と形態は様々だ。

Full article: http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/327413/053000...

Tweets